アイドリアンのご機嫌日記 > 動画

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

なぜ?占いに駆け込む男性急増

占いといえば、女性の専売と思われていたが、最近では男性が占い師のもとを訪れることが増えているのだそうだ。

不況が本格化してきた昨年10月ごろから、「就職活動がうまくいかない」「正社員になりたい」といった若者からの相談が増えている。
また、若者ばかりではなく、中小企業の経営者からも資金繰りの悩みを打ち明けられることが多くなってきているそうだ。

男性の場合、同僚や家族にも相談できず、一人で抱え込む人が多い。
そうった人たちが、すがる思いで占い師を尋ねるのだろう。
スポンサーサイト

アイドリアンのご機嫌日記

城下町会津落城?!スパンション・ジャパンが会社更生法の適用を申請

福島県人にとって、衝撃のニュースが飛び込んできた。

会津若松市に工場がある米半導体メーカーの日本法人「スパンション ジャパン」(川崎市川崎区)が10日、東京地裁に会社更生法の適用を申請したというのだ。

帝国データバンクによると、世界同時不況の中、設備投資や研究開発投資が重荷になり、業績が著しく悪化したそうだ。
負債額は約741億円。
この金額は、製造業としては今年最大規模となり、日本綜合地所(負債額約1975億円)に次いで今年2番目の大型倒産となる。

会津の工場では、携帯電話などに使われるNOR型フラッシュメモリーを生産してた。
親会社の米スパンションには富士通の半導体子会社、富士通マイクロエレクトロニクスが11・4%出資している。

会津若松市は、富士通の城下町といえる存在で、人口のうちかなりの人数が富士通の工場とかかわりがある。
富士通は先日、国内工場の再編成を発表したばかりで、まだその嵐がおさまらないなかの衝撃発表だ。

会津のこれからは一体どうなる?

アイドリアンのご機嫌日記

ホルモン焼きが大人気!B級グルメの王者「厚木シロコロホルモン」

外食を控える人が多いためか、飲食店の廃業が増えている。
とはいっても、逆に売り上げを増やしているジャンルもある。

その一つが「ホルモン焼き」。
普通の焼き肉に比べて2~3割安いのが魅力だ。

昔は、おじさんの食べ物というイメージがあったが、今では若い女性にも抵抗なく受け入れられている。
カルビなどと比較してもヘルシーだし、コラーゲンもたっぷりで美容にもいい。

そんな中、今一番の注目は、前回のB-1グランプリの頂点に立った、「厚木シロコロホルモン」。
豚の大腸を裏返したもので、日本でも厚木でしか食べられないものだ。

元気のない世の中にあっても、ホルモン焼きを食べて元気を出そう!

→自宅でホルモン焼き

SmackyGlam(スマッキーグラム)のコートを通販
SmackyGlam(スマッキーグラム)のニットワンピースを通販

アイドリアンのご機嫌日記

個人輸入代行のトラブル増加中

以前、円高が進んだとき、個人輸入がブームになった。
その時も日本では未認可の医薬品で体調不良を起こすという事故が相次いだ気がしたのだが、また同じようなトラブルが起こってるらしい。

個人輸入代行の業者が解約・返品対応しなというトラブルが増加していると国民生活センターが発表した。

主に、海外から輸入代行業者を通じて商品を輸入するときのトラブルが増えているそうだ。

クレームの内容としては、商品が届かない、解約や返金に業者が応じないといった内容が多い。
そのほか、国内未承認の医薬品成分が入った健康食品を食べて体調を崩すというケースもある。

国民生活センターに寄せられる相談件数は、2003年4月~08年12月で計580件に上り、それ以降増え続け、05年度は101件、06年度144件、07年度166件となっている。

トラブルの例として、輸入代行業者を通して約50万円の化粧品の購入を申し込んだ女性が、その後、解約したいと代行業者に連絡したところ「こちらは手続きを代行しただけ。海外の販売業者に直接連絡してほしい」と言われたそうだ。

また、解約・返品や商品の未着といったケースでは、代行業者が対応を断るケースが多いらしい。
そうなると購入者が直接、製造・販売業者と交渉せざるを得ないが、言語や時差の壁があり難しいのが実情だ。

「個人輸入代行サービスに関する法規制は未整備で、トラブルが起きると解決は難しい。利用は慎重にしてほしい」と同センターは注意を促している。

アイドリアンのご機嫌日記

たい焼きは不況に強い…?

不況時には粉モノが強いという伝説がある。

たこ焼きやお好み焼きがよく売れるようになるからだそうが、去年は小麦価格の高騰で青色吐息だったらしい。

ところで、地元を歩いてみると去年からたい焼き屋のオープンが多い。

広いスペースは必要でなく、道具をそろえれば少しの練習で開店できるようになるので、開業を志す人が増えているらしい。

たしかに、外食費が削減されがちな中、手軽なおやつとして、安いたい焼きなら・・・という人は多いのだろう。

隣の市では、50円のミニたい焼きを販売して女性などに非常に好評なお店がある。

こどもがいる家庭なら、たい焼き器があってもいいだろう。

そんなに高いものでもなし、団欒のアイテムとして役立ってくれるだろう。

おうちで出来たて!たい焼き器

SmackyGlamのシュシュ

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。