アイドリアンのご機嫌日記 > ボール

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール 日本での普及

 ビーチバレーボールは、比較的新しいスポーツの1種で、特に若い人を中心に人気が出てきています。海岸の砂の上で行われるからでしょうか。

1930年代にアメリカの西海岸サンタモニカで産声を上げました。ブラジルでも人気は高く、ファミリーマッチが盛んに行われています。  

国内では、日本バレーボール協会が、日本ビーチ・ソフトバレー連盟をつくり、統一ルールのもとに普及に努めています。1996年のアトランタオリンピックからは正式種目に昇格しました。 

用具は、ボールとネットがあればできます。正式な競技では国際バレーボール連盟の公認球を使用、バレーボール用のネットを立てます。服装は、水着かショートパンツに、Tシャツを着用、はだしで競技します。帽子は自由に被ってもよいことになっています。  

コートは18×9メートル、貝殻や小石などの混じっていないきれいな砂で、凹凸のない水平な場所を選んで行います。ラインは、ロープか帯状のラインテープで引きます。競技は、屋外で行うのに適した気温の時を選ぶことになっています。あまりに暑かったり寒かったりすると選手の健康上、危険だからです。

ビーチバレーボールは、2人対2人での試合になりますが、ルールは通常のバレーボールとほとんど同じです。

サーバーのサービスで試合が始まります。相手のコートに打ち返すまでに、同じチーム内で3回を超えてボールに触れることはできません。また、同じ競技者がブロックを除いて、2回ボールに触れることもできません。 

ボールがコートに落ちるか、アウトになるか、正しく返球できなくなるまでラリーは続けられます。 

以上が一般的なルールですが、3人対3人、4人対4人で、ビーチボールやソフトバレーボール用のホールを使い、サービス方式などを工夫すれば、子供から中高齢者まで誰もが楽しめる競技にもなります。

スポンサーサイト

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールで使用されてるボール

 ビーチバレーボールとは、砂のコートで、2人対2人で打ち合うバレーボールといえます。2人しかいませんので、個人の能力と連携がものをいうことになります。

コートの広さやネットの高さ、ボールに関してはインドアのバレーボールと同様ですが、1チーム2人で途中交替ができません。また、アタックラインやセンターラインがなく、相手へのインターフェアがなければ、センターラインを越えてもよいとされています。

 ビーチバレーボールのルールは国によっても多少の違いはありますが、アメリカではタッチプレー、フェイントプレー、パスアタックを禁止しています。

ゲームには1セットマッチと3セットマッチがあり、1セットマッチは15点、3セットマッチは、11点、12点、15点制があります。  

ボールの大きさは室内バレーボールのボールとほぼ同じですが、やわらかく、野外で行うために黄色やピンク、オレンジなど鮮やかな配色のものが用いられます。  ソフトバレーボール(50g、100g)とビーチバレーボール(75g)の2種類がありますが断然、ビーチバレーボールがボールが大きいよいようです。他に、風船程度のボールも市販されています。 

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールにおけるボールの種類

 ビーチバレーボールで使われているボールの種類です。

★ビーチアタック・・・メーカーはモルテン (molten)、 品番HSBV5、
本体価格 5,250円、 カラー 白×青×黄 、サイズ ビーチバレー、仕様は手縫いで人工革化
規格は国際公認球・ビーチバレーボール
ビーチバレージャパン公式試合球 です。

★ビーチバレーボール練習球 ・・・メーカーミカサ (MIKASA)、 2010年までの国際バレーボール連盟(FIVB)の主催する大会は全てミカサのバレーボール・ビーチバレーボールで行われます。
詳細分類 ビーチバレーボール、 品番 VS200、 商品名 ビーチバレーボール練習球 、
本体価格 3,780円 、カラー ・サイズビーチバレー 、円周67cm±1cm  270g±10g 、
ビーチバレー練習球として、ソフトな設計。入門用としても最適です。

★ビーチバレーボール・・・メーカーミカサ (MIKASA)、詳細分類 ビーチバレーボール 、品番 VLS200 、商品名 ビーチバレーボール、
本体価格 6,300円 、サイズ ビーチバレーボール 、内圧172~221hPa、円周66~68cm、重量260~280g 、
国際公認球、 国際バレーボール連盟(FIVB)の主催するビーチバレーの公式試合は全てVLS200が使用されます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール ボール~色

ビーチバレーボール(英語:beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技です。

その名のとおり、砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。アメリカが発祥のスポーツで、1996年のアトランタ五輪からオリンピックの正式種目になりました。

ビーチバレーボールは、砂のコートで、2人対2人で打ち合うバレーボールといえばイメージしやすいと思います。ボールやコートの広さ、ネットの高さは通常のバレーボールと同様ですが、1チーム2人で交替ができません。また、アタックラインやセンターラインがなく、相手へのインターフェアがなければ、センターラインを越えてもOKとされています。

ビーチバレーボールのルールは国によって多少違いはあります。たとえばアメリカではタッチプレー、フェイントプレー、パスアタックを禁止しています。ゲームには1セットマッチと3セットマッチがあり、1セットマッチは15点、3セットマッチは、11点、12点、15点制があります。

ビーチバレーボールで使うボールの大きさはインドアバレーボールのボールとほぼ同じですが、比較するとやわらかく、黄色やオレンジ、ピンクなど鮮やかな配色のボールが用いられます。 練習用から公式・試合用など値段も種類もいろいろあります。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール ボール~ルールより

ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから派生した砂浜などで行われているスポーツです。  

砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦する、現在メジャーになりつつある競技です。

発祥の地はアメリカで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。 今では女子の浅田美和選手などの人気によりギャラリーが多くなってきています。  

そして、ビーチバレーボールで使うボールですが、「国際バレーボール連盟(FIVB)」によってルールが定められています。

「国際バレーボール連盟(FIVB)」が公認しているビーチバレーボールを使用すること。 色付き(オレンジ、黄色、ピンク、白等明るい色)である事。 円周 66㎝ ~ 68㎝ 重さ 260g ~ 280g 内気圧 0.175 hPa ~ 0.225 hPaであること。  

※ 1試合で使用されるボールは2~3個、同じ配色を使用すること。 

※ FIVBの国際大会では、3個使用し、6名のボール係を配置」という決まりがあるようです。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。