アイドリアンのご機嫌日記 > 大会

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール大会の発展

 ビーチバレーボールは1920年代の初めに、アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして行われるようになったのが発祥とされています。 

その後、ヨーロッパに伝わり、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれるようになりました。

初期にはバレーボールと同じく6人制で行なわれていましたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っています。 1950年代のアメリカで美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部として、ビーチバレーボールがメディアの注目を集めたことで認知されるようになりました。  

わが日本では男子バレーボールの川合俊一らが先駆となり、1987年、湘南・江の島海岸で第1回ビーチバレーボールジャパンが開催されました。それをきっかけに、ビーチバレーボールが広く全国で認知されるようになりました。1989年には日本バレーボール協会が日本ビーチバレー連盟を発足させています。  

夏季オリンピックには女子がアトランタ大会以降連続出場をはたしており、アトランタ大会では藤田幸子・高橋有紀子ペアが5位、シドニー大会では佐伯美香・高橋有紀子ペアが4位に入賞しています。  

平成14年、西村晃一選手と浦田聖子選手は日本初のビーチバレーボールのプロチームである、ウィンズを設立しました。

スポンサーサイト

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールの世界大会

 ビーチバレーボール(英語:beach volleyball)は、屋内で行われるバレーボールから派生してできた球技の1つです。海沿いのビーチににネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦する競技です。

 アメリカが発祥のスポーツで、1996年のアトランタ五輪より正式種目に採用されました。

1960年、カリフォルニア州で第1回マンハッタン・ビーチ・オープンが開催されました。これと同時期にフランスでもプロ・トーナメントが開催されています。 

 ビーチバレーボールの競技団体の整備は1980年代に進められ、1983年には米国でプロ選手らが自ら運営する団体、AVP(Association of Volleyball Professionals)が発足しました。  

4年後の1987年、国際バレーボール連盟(FIVB)公認の初の国際トーナメント大会がブラジル、リオデジャネイロのイパネマ・ビーチで開催され、これがビーチバレーボール第1回の世界選手権大会といわれています。 

さらにFIVBは1990から、世界各地を転戦する国際サーキットを開始しています。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールの世界大会

 ビーチバレーボール(英語表記:beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技です。

砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。 

1992年のバルセロナ五輪開催期間中には、スペインのアルメリアで5大陸からなんと100人以上の選手が参加して、公開競技が行なわれました。 

ビーチバレーボールは、これらの盛り上がりを受けて、1996年におこなわれたアトランタオリンピックで夏季オリンピックの正式種目に採用されました。  

ブラジル、アメリカ、オーストラリアがビーチバレーボールの3強国として有名です。人気の高まりにつれ競技人口も増加し、強い選手が各国から登場しています。

著名なビーチバレーボール選手には室内バレーボールから転向したプレーヤーが多いです。やはり基本ができているからだと思います。 アメリカのカーチ・キライ、ランディ・ストクロス、シンジン・スミス選手らの活躍はアメリカ国内のみならず国際的なビーチバレーボール人気を高める原動力となりました。 

ブラジルでもエマヌエル・レゴやリカルド・サントス選手らのスター選手が登場しました。女子選手ではケリー・ウォルシュやミスティ・メイ選手らが代表的な選手として挙げられます。

アイドリアンのご機嫌日記

アトランタ五輪でのビーチバレーボール

 夏季のオリンピック大会におけるバレーボール競技は国際バレーボール連盟主催の3大公式戦の一つでした。それが、1964年の東京オリンピックで正式種目に採用されました。そして、1996年アトランタ五輪からビーチバレーボールも正式種目に加わりました。

 バレーボールの新しいジャンルであるビーチバレーボールは、1950年代以降ポピュラーなスポーツとして認識されていましたが、オリンピックにデモンストレーションとして紹介されたのが、1992年の第25回バルセロナ大会で、正式種目とされたのが1996年第26回アトランタ大会でした。  

ビーチバレーボールではレシーブ・スパイク・セット・ブロック等,オールラウンドに高い技術で何でもこなせる選手が2人いることが理想です。 しかし、そんな選手が2人そろうことは希なことで、オールラウンドに高い技術を2人揃えていたチームはあまりいません。 

その例外は、アトランタオリンピックのゴールドメダリストチームのカーチ・キライ&ケント・ステフェスであると言われています。  

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールの大きな大会は?

ビーチバレーボール(beach volleyball)は、屋内バレーボールから生まれた砂浜などで行われるビーチスポーツです。浅田選手や西堀選手、鈴木選手に浦田選手などファンの人も多いかと思います。 

砂浜の上にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦する今人気の競技です。アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタ五輪より五輪の正式種目となりました。 現在では女子の浅尾美和さんなどの存在によりギャラリーが多くなってきています。   

ビーチバレーボールの大きな大会といえば、以下のようなものがあります。

夏季オリンピック 、世界選手権 、ワールドツアー 、ユニバーシアード、 アジア競技大会、アジアサーキット 、 アジアビーチ競技大会、 パンアメリカン競技大会です。  

スポーツは認知度が上がっていけば注目も浴びるものなので、こうしたビーチバレーボールの大会以外にも各地で大会が増えるといいですね。  また国内の大会も増えて身近に観戦できるようになってきているのでこっちも要チェックです。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。