アイドリアンのご機嫌日記 > ユニフォーム

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールのユニフォームのデザイン性

 有名スポーツ用品会社の株式会社デサントの『デサント』ブランドはプロビーチバレーボールチームのレオパレス・ウィンズ(以下、ウィンズ)とチームウェアスポンサー契約を締結しました。

ウィンズが国内外のツアー、トレーニングなどで着用するユニフォームのほか、チームスタッフ(監督、コーチ、メディカルなど)にもウェアのサプライを行います。  

ウィンズに提供されるゲームウェア、トレーニングスーツは、『デサント』ブランドの基本コンセプトである「ファンクショナルスポーツシステム」に基づき、吸汗速乾・ストレッチ・撥水・防砂・抗菌防臭などの高機能素材を各アイテム毎に異なるニーズに対応して使用しています。それに加えて、選手の動きを考慮したカッティングを駆使することでビーチバレーボールのウェアに必要となる高い運動性と快適性を実現しています。

 また、従来のビーチバレーボールの枠にこだわらないデザイン性を提案して、女性用には“豹柄”を使用、男性用にはトレンドを意識したサーフスタイルを採用するなど、斬新なデザインも特徴的です。スポーツウェアの印象をがらりと変えてくれました。  

機能、デザインを兼ね備えたユニホームにより、選手のパフォーマンスを最大限に引き出し、自信を持ったプレーにつなげることで、プロビーチバレーボールチーム「ウィンズ」のさらなる活躍をサポートしています。

スポンサーサイト

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールの最近のユニフォーム

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技になりす。

近年人気が高まり、テレビなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか。  発祥はアメリカで、1996年のアトランタオリンピックから正式種目となりました。

日本の選手では、浅尾美和、西堀健実、浦田聖子、鈴木洋美さんなどが有名でファンも多いです。女子の人気が特に高いという特徴があります。ビーチに健康美が映えるせいか、男性からはもちろん、女性からも支持者が増えています。  

ファイテンなどもスポンサーにつき、今後一層の注目を集めるでしょう。

新舞子で行われる大会などでは、全国の注目を集めています。特に、浅尾美和選手などは盗撮なども問題となりビーチバレーボールのユニフォームの水着画像が出回るなどの弊害も出ています。  

浅尾選手は、最近では、モデルやコマーシャルもこなすアイドル的な人気者ですが、これがビーチバレーボール全体の人気に結びつき、北京五輪での活躍ができればいいと思います。

また最近では、浦田聖子、鈴木洋美ペアが着用するユニフォームにヒョウ柄水着が登場しました。

奇抜なデザインですが、耐久性が高いうえに速乾性があり、世界中を転戦し「洗濯機がなくて(水着を)手洗いしなきゃいけないことが多い」(浦田)という環境にも適しているようです。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール ユニフォーム~規定

今急速に人気が高まっているビーチバレーボール(英語:beach volleyball)は、バレーボールから派生した屋外球技です。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組でチームを組んでで対戦します。米国発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタ五輪からオリンピックの正式種目となりました。

 ビーチバレーの競技ユニフォームは、競技会が特別にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよいことになっています。ジャージやタンクトップは選手の任意です。  

しかし、チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければならないというきまりがあります。 

ビーチで行うために靴は履かず、素足で競技します。

 競技中はけがの危険性のあるものは着用してはいけません。眼鏡は選手自己責任において着用が認められます。

  FIVBとして、ユニフォームはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしています。

2004年のアテネオリンピックではオリンピック競技として、男子と女子のスタイルを規定しました。

アイドリアンのご機嫌日記

女子ビーチバレーボールのユニフォーム規定

ビーチバレーボール競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、水着やショートパンツを着用します。帽子をかぶってのも自由です。 

ジャージやタンクトップは任意で、同じチームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着用するものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきり目立つように1と2の番号をつけなければなりません。

FIVBとしてはビーチバレーボールのユニフォームは、各競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしています。

平成16年のアテネオリンピックではオリンピック競技として、下記のスタイル規定をしました。 

女性ビーチバレーボールのユニフォームは、 タンクトップとブリーフのセパレート型、もしくはワンピース型(上半身、下半身一体型)のユニフォームを着用。

タンクトップは体にぴったりと密着したもので、袖ぐりは背中に深く、また胸の上部と腹部は大きくカットされたもの。  

ブリーフはぴったりとしたもので、裾は左右が上向きにカットされ、サイドは7cm以下。

ワンピース型もぴったりと身体に密着するもので、背中と胸の上部は開いたものです。

トップ、ブリーフ、ワンピース型は明るく鮮やかな色を使用します。

アイドリアンのご機嫌日記

男子ビーチバレーボールのユニフォーム規定

ビーチバレーボールのユニフォームはショートパンツや水着です。

競技のユニフォームは競技会が特に規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶることも認められていますです。 また、ジャージやタンクトップは任意です。

チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとされ、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけることになっています。

靴は履かず、素足で競技します。

 競技中は怪我の危険性のあるものは身につけることはできません。眼鏡は選手自身の責任において着用が認められます。  

ユニフォームは、それぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととになります。2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、下記のスタイル規定をしました。 

 男性は、 タンクトップとショートパンツのセパレート型のユニフォームを着用。タンクトップは体にぴったりと密着したものとします。 ショートパンツはぶかぶかのものは禁止で、裾は膝上15cm以上。タンクトップは明るく鮮やかな色とします。ショートパンツは暗い色でも可です。  

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。