アイドリアンのご機嫌日記 > 女子

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

女子ビーチバレーボールの人気の高さを探る

 現在、日本でも女子選手の活躍でメジャーになってきたスポーツのビーチバレーボールは、1920年代にアメリカのカリフォルニアで、サーファー達が波のない時に暇潰しにビーチで気軽に楽しくできるスポーツはないかと考えられたのが発祥のスポーツと言われています。 

その後レジャースポーツとして世界に徐々に広まっていき、ブラジルなどで独自の発展を遂げていきました。

1983年にはビーチバレーボール発祥の地アメリカで、選手自体が運営の中心になって大会を開催する団体AVP(Association of Volleyball Professionals)が設立されビーチバレーボール人気に拍車をかけました。これはプロスポーツとしては例を見ないことでした。

1987年2月世界バレーボール連盟(FIVB)が始めてワールドツアーをブラジルのリオデジャネイロで開催して大盛況を納め、これまでに30カ国以上でワールドツアーが開催されてきました。 

1996年のアトランタオリンピックから正式種目になり、2000年のシドニーオリンピックでは“最も入手困難なプレミアチケット”ということで一気に人気競技になりました。

その背景にはビーチバレーの会場では音楽を流し、水着姿の美女がダンスを踊ったり得点をつけたり、DJが観客を盛り上げ一緒にダンスを踊りウェーブを行ったりという他競技にはないイベント性を前面に打ち出したことや、ビーチという開放感も手伝い、欧米はもちろんのこと世界中でメジャースポーツになりつつあります。 

また2008年のオリンピック誘致競争では各国が誘致の目玉にビーチバレーボール開催場所をメインに掲げ、パリはエッフェル塔前広場を北京では天安門広場を会場に使用すると提案し各国のビーチバレーボールの人気の高さを示しました。

あの天安門事件の舞台となった広場がビーチバレーの会場になるなどは想像し難いものがありましたが・・・。 

スポンサーサイト

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールのイメージを調査してみる

一般的にビーチバレーボールというとどんなイメージがあるでしょうか。

インターネットの検索でどういったキーワードが調べられているかというと・・・浅尾美和選手、西堀選手、鈴木洋美選手、浦田選手などです。

これはビーチバレーボールを代表する大人気の女子選手です。ファンが増えているのでその人たちが調べたのでしょう。

この他には、新舞子、マリンパークなどです。これはビーチや会場名でしょうか。

大会・・・ビーチバレーは観戦するのが楽しみなスポーツの一つです。大会をチェックして応援しに行くために調べるのでしょうか。 

ジャンクスポーツ・・・TV番組です。ダウンタウンの浜ちゃんが司会をしています。浅田選手がよく出演しており、その時は視聴率が上がるみたいです。

妖精・・・これは浅田美和選手のことを指していますね。

セクシー・・・やはり、男性でしょうか。ビーチバレーボールのルールではウェアの指定があります。観戦が楽しみになりますよね。

動画、ルール・・・このあたりは実際ビーチバレーをする人やこれからはじめようという人が調べているかも知れません。スポーツはルールがわからないと楽しめませんからね。

 興味はあるけど、詳しい情報がないので、今ひとつ親しみがないビーチバレーボール。TV中継もしていないので、このようにビーチバレーボールで、いろいろな情報をしっかり調べると勉強になります。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール女子の現在

 ビーチバレーボールは、1987年に、国際バレーボール連盟(FIVB)公認の初の国際トーナメント大会がブラジル、リオデジャネイロのイパネマ・ビーチで開催されました。これが第1回の世界選手権大会といわれています。

さらにFIVBは1990年、世界各地を転戦する国際サーキットを開始しました。  

1992年のバルセロナ五輪開催期間中には、スペインのアルメリアで5大陸から100人以上の選手が参加し、公開競技が行なわれました。 これらの盛り上がりを受けて、1996年のアトランタオリンピックにおいてついに夏季オリンピックの正式種目となることができました。  

これ以後、ビーチバレーボールは日本でも少しずつ認知度が上がり、特に女子は、浅田選手をはじめバレーから転向する選手が活躍する状態にまでなったのです。ビーチバレーボールといえばこの浅尾選手をイメージする人も多いはずです。 もしかしたらビーチバレーは知らなくても、浅尾美和選手は知っているという人もいるかもしれません。 

現在では女子ビーチバレーボールの浅尾美和選手の活躍などによりギャラリーが多くなってきています。

鈴木選手や西堀選手、浦田選手なども人気を集めています。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール 女子~漫画

近年のビーチバレーボール女子選手の人気が高まっているの影響からか、ビーチバレーボールを題材にした漫画も登場してきました。

 『ビーチスターズ』は、ビーチバレーボールを題材にした森尾正博のコミック作品です。

本作品は週刊ヤングサンデー(小学館発行)2007年14号より連載されています。 この物語は、七瀬イルカというバレーボールを愛する高校2年生の少女が主人公です。 17歳の誕生日に起きた悲劇からストーリーは始まります。立て続けに多くの部員が退部し、女子バレーボール部は廃部を余儀なくされるのです。

失意のイルカは友人から声をかけられお台場へ行くと、そこで彼女の見た光景は、ビーチバレーボールの試合だったのです。その日からビーチバレーボールの魅力に惹かれていきます…。  

彼女を取り巻く人間も、なんだかんだで温かくやさしくフォローしていて、スポーツそのものはとても熱いのに、読んでいて気持ちがあったかくなる漫画です。


友情、努力、勝利と少年漫画三原則を貫いているヤングコミックです。

アイドリアンのご機嫌日記

女子ビーチバレーボールの歴史を紐解く

ビーチバレーボール(beach volleyball)は、砂浜などで行われているスポーツでバレーボールから生まれたものです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦する競技で今メジャーになりつつあります。

ビーチバレーボールは、アメリカ発祥のスポーツで1920年代の初頭、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして始まったのが発祥とされています。その後、ヨーロッパに伝えられ、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれました。  

創成期には6人制で行なわれていたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っています。 1950年代のアメリカでは美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部としてビーチバレーボールがメディアの人気を集めました。

そして、その後1960年に、カリフォルニア州で第1回マンハッタン・ビーチ・オープンが開催されました。この時期にフランスでもプロ・トーナメントが開催されています。

競技団体の整備は1980年代に進み、1983年にはアメリカでビーチバレーボールのプロ選手らが自ら運営する団体、AVP(Association of Volleyball Professionals)が発足しました。

日本でも、最近は女子ビーチバレーボールの浅尾選手の活躍で人気が急上昇しています。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。