アイドリアンのご機嫌日記 > 新舞子

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール 新舞子のイベント

 ビーチバレーボールなどがいろいろできる新舞子海水浴場(しんまいこかいすいよくじょう)は兵庫県のたつの市御津町にある播磨灘に面した海水浴場です。  

新舞子は、御津町の観光地の名所であり、地元関西や県内外から多くの若者やカップル・ファミリーが利用しに訪れています。 日の出や夕焼け等の写真の撮影場所としても人気のスポットで、1年を通して多くの写真家カメラ片手に集まります。  

 最近になって、御津町新舞子観光協同組合によって4月1日~6月30日の間は入浜料金がかかるようになりました。 この期間中は、同組合によって養殖のアサリが放流され、誰でも潮干狩りを楽しむことができます。また自然に生息しているマテ貝狩りも人気があります。 家族連れがよく利用しているようです。

 7月中旬には「みつ海まつり サンセットフェスティバル」が行われ、様々なイベントが行われます。 ただし、浜周辺でのバーベキューは禁止となっているのでマナーを守りましょう。  

新舞子海水浴場へのアクセス方法は、JR西日本を使用する場合は網干駅からタクシーで約20分、 私鉄は山陽網干駅からタクシーで約10分です。

 車を使う場合は、 駐車料金:1日500円 、駐車台数:1,000台です。 姫路バイパス中地インターから国道250号線で30分。 山陽自動車道龍野インターから20分。 中国自動車道福崎インターから1時間ほどです。

スポンサーサイト

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール 新舞子~人工島

 ビーチバレーボールなどのマリンスポーツがよく行われる、新舞子マリンパーク(しんまいこまりんぱーく)とは、愛知県知多市緑浜町にある人工島の公園です。  

アクセス方法ですが、対岸から島内へは2つの橋があるので、車を使う場合、産業道路を降りて「新日長橋」を通ると島内に入ることができます。 

鉄道で行く場合は、名鉄常滑線新舞子駅を降りて駅西側の「ファインブリッジ」を通ると島内に入ることができます。(徒歩約10分)。ただし、いずれの橋も午後9時から翌朝5時までの間は閉鎖されます(島への出入りができません)。 

 駐車場についてですが、海水浴シーズンとなる7月1日~8月31日は500円の駐車料金が必要となりますが、それ以外の日は無料になっています。

 また、兵庫県たつの市御津町黒崎には、同じ地名の新舞子海水浴場(しんまいこかいすいよくじょう)があります。たつの市御津町にある播磨灘に面した海水浴場です。ここでもビーチバレーボールなどができます。

料金は大人1,100円、小学生700円、幼児300円です。 期間外は無料で浜に入ることができます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール 新舞子~周辺

 新舞子(しんまいこ)とは、愛知県知多市新舞子にあります。

地名の由来は兵庫県神戸市垂水区にある舞子付近の風景が似ていることからつけられたとのことです。

 新舞子周辺は、ビーチバレーボールなどが行われる新舞子マリンパーク(徒歩5分程度、風の強い日があるので注意しましょう)、
郵便局:知多新舞子郵便局 、
金融機関:知多信用金庫 、
コンビニエンスストア:ファミリーマート(駅東徒歩5分程度)、
その他 、売店(駅前)、 ちゃんこ料理店、 ショッピングセンター(駅北徒歩10分程度)、 国道155号(西知多産業道路)という環境です。  

ビーチバレーボールなどが行われる、新舞子マリンパーク(しんまいこまりんぱーく)とは、愛知県知多市緑浜町にある人工島の公園です。 

名古屋市内から最も近い海水浴場として有名で、夏にはは多くの海水浴客で混雑します。 

2002年、人工海浜においては珍しいとされるウミガメの産卵が、目撃され、その事を記念した「モニュメント」が、建設されています。

また、2005年に開港した中部国際空港からも比較的近く、低空飛行中の飛行機を見ることができます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール 新舞子へのアクセス

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、インドアバレーから生まれた砂浜などで行われている球技です。

浅田選手や西堀選手、鈴木選手、浦田選手などは有名なのでご存知の人も多いかと思います。

砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦するメジャーになりつつある競技ですね。最近では北京オリンピックにむけて代表権を獲得するためにがんばっている姿が、テレビのドキュメントなどで放送されているので見た人もいるのではないでしょうか。 今では女子ビーチバレーボールの浅田 美和選手などによりギャラリーが多くなってきています。

ビーチバレーボールなどのビーチスポーツが多く行われ、明治から昭和にかけて、一大別荘地として知られたのが新舞子です。 現在では名古屋から一番近く、お洒落な浜辺のリゾート地として年間を通じ、若者からファミリーまで多くの人々の人気を集めるベイエリアスポットになっています。  

新舞子への行き方は、公共交通機関を利用する場合は、 名鉄新名古屋駅から常滑線「新舞子」駅にて下車し、 駅から歩いて8分(所要時間40分)です。  車を利用の場合は、 国道155号線・247号線(西知多産業道路)の知多市・江口インターよりすぐ または知多半島道路・阿久比インターから10分です。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール 新舞子~マリンパーク

ビーチバレーボール(beach volleyball)は、室内バレーボールから生まれた砂浜などで行われているスポーツです。浅田選手や鈴木選手、浦田選手などの活躍をご存知の人も多いかと思います。 

砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチームで対戦する競技です。

アメリカ発祥のスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。   

今では女子のビーチバレーボールの浅田美和選手、西堀選手、鈴木選手や浦田選手などにより年々観客が多くなってきています。 

ビーチバレーボールなどのビーチスポーツがよく行われる、新舞子マリンパーク(しんまいこまりんぱーく)は、名古屋からも一番近いマリンレジャースポットとして知られています。 約400メートルの砂を敷き詰めた人工海浜「ブルー・サンビーチ」と海を目前に広大な芝生広場が広がっています。

夏の海水浴をはじめとして、1年を通じてピクニックやスポーツを楽しむ人々が数多く訪れます。また、屋内休憩スペースとして敷地中央に新舞子マリンパーク管理事務所、ブルー・サンビーチ側に休憩所があります。

事務所近くの車椅子用駐車場と事務所の間に車止めがありますので注意しましょう。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。