アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > 浦田聖子選手のビーチバレー戦歴

アイドリアンのご機嫌日記 > 浦田聖子 > 浦田聖子選手のビーチバレー戦歴

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

浦田聖子選手のビーチバレー戦歴

 浦田 聖子(うらた さとこ、1980年12月22日生)さんは、日本のプロビーチバレーボール選手です。

インドアバレーボールから転向した選手で、コートネームはラン。レオパレス・ウィンズ所属しています。

ビーチバレーボールの主な戦歴をご紹介します。

 2004年  ジャパンサーキット 優勝

 2005年  ジャパンツアーお台場大会 優勝 ジャパンツアー宮崎大会 準優勝 ジャパンツアー大阪大会 9位ジャパンツアー愛媛大会 準優勝 ジャパンツアー福岡大会 優勝 ジャパンツアーお台場大会 3位

 2007年  2007 ジャパンツアー東京大会 優勝 ジャパンレディース大阪大会 優勝

2002年にビーチバレーボールに転向後、2003年に佐伯美香とペアを組むことで急速に力をつけ、2004年のワールドツアーでは、7位に入賞しました。

浦田聖子選手は、国内女子でも屈指のプレーヤーで、国内ツアーでは優勝争いの常連です。

2006年からは鈴木洋美とチームを組み、国内外を転戦して北京五輪の代表入りを目指しています。

スポンサーサイト

<<女子ビーチバレーボールの人気の高さを探るアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボールマガジン、グラッツェの画像>>

<<女子ビーチバレーボールの人気の高さを探るアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボールマガジン、グラッツェの画像>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。