アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > 女子ビーチバレーボールの歴史を紐解く

アイドリアンのご機嫌日記 > 女子 > 女子ビーチバレーボールの歴史を紐解く

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

女子ビーチバレーボールの歴史を紐解く

ビーチバレーボール(beach volleyball)は、砂浜などで行われているスポーツでバレーボールから生まれたものです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦する競技で今メジャーになりつつあります。

ビーチバレーボールは、アメリカ発祥のスポーツで1920年代の初頭、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして始まったのが発祥とされています。その後、ヨーロッパに伝えられ、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれました。  

創成期には6人制で行なわれていたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っています。 1950年代のアメリカでは美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部としてビーチバレーボールがメディアの人気を集めました。

そして、その後1960年に、カリフォルニア州で第1回マンハッタン・ビーチ・オープンが開催されました。この時期にフランスでもプロ・トーナメントが開催されています。

競技団体の整備は1980年代に進み、1983年にはアメリカでビーチバレーボールのプロ選手らが自ら運営する団体、AVP(Association of Volleyball Professionals)が発足しました。

日本でも、最近は女子ビーチバレーボールの浅尾選手の活躍で人気が急上昇しています。

スポンサーサイト

<<ビーチバレーボール 女子~漫画アイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール 浦田聖子~活躍>>

<<ビーチバレーボール 女子~漫画アイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール 浦田聖子~活躍>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。