アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > 女子ビーチバレーボールの人気の高さを探る

アイドリアンのご機嫌日記 > 女子 > 女子ビーチバレーボールの人気の高さを探る

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

女子ビーチバレーボールの人気の高さを探る

 現在、日本でも女子選手の活躍でメジャーになってきたスポーツのビーチバレーボールは、1920年代にアメリカのカリフォルニアで、サーファー達が波のない時に暇潰しにビーチで気軽に楽しくできるスポーツはないかと考えられたのが発祥のスポーツと言われています。 

その後レジャースポーツとして世界に徐々に広まっていき、ブラジルなどで独自の発展を遂げていきました。

1983年にはビーチバレーボール発祥の地アメリカで、選手自体が運営の中心になって大会を開催する団体AVP(Association of Volleyball Professionals)が設立されビーチバレーボール人気に拍車をかけました。これはプロスポーツとしては例を見ないことでした。

1987年2月世界バレーボール連盟(FIVB)が始めてワールドツアーをブラジルのリオデジャネイロで開催して大盛況を納め、これまでに30カ国以上でワールドツアーが開催されてきました。 

1996年のアトランタオリンピックから正式種目になり、2000年のシドニーオリンピックでは“最も入手困難なプレミアチケット”ということで一気に人気競技になりました。

その背景にはビーチバレーの会場では音楽を流し、水着姿の美女がダンスを踊ったり得点をつけたり、DJが観客を盛り上げ一緒にダンスを踊りウェーブを行ったりという他競技にはないイベント性を前面に打ち出したことや、ビーチという開放感も手伝い、欧米はもちろんのこと世界中でメジャースポーツになりつつあります。 

また2008年のオリンピック誘致競争では各国が誘致の目玉にビーチバレーボール開催場所をメインに掲げ、パリはエッフェル塔前広場を北京では天安門広場を会場に使用すると提案し各国のビーチバレーボールの人気の高さを示しました。

あの天安門事件の舞台となった広場がビーチバレーの会場になるなどは想像し難いものがありましたが・・・。 

スポンサーサイト

<<ビーチバレーボールの進行アイドリアンのご機嫌日記浦田聖子選手のビーチバレー戦歴>>

<<ビーチバレーボールの進行アイドリアンのご機嫌日記浦田聖子選手のビーチバレー戦歴>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。