アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > ビーチバレーボール 日本での普及

アイドリアンのご機嫌日記 > ボール > ビーチバレーボール 日本での普及

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール 日本での普及

 ビーチバレーボールは、比較的新しいスポーツの1種で、特に若い人を中心に人気が出てきています。海岸の砂の上で行われるからでしょうか。

1930年代にアメリカの西海岸サンタモニカで産声を上げました。ブラジルでも人気は高く、ファミリーマッチが盛んに行われています。  

国内では、日本バレーボール協会が、日本ビーチ・ソフトバレー連盟をつくり、統一ルールのもとに普及に努めています。1996年のアトランタオリンピックからは正式種目に昇格しました。 

用具は、ボールとネットがあればできます。正式な競技では国際バレーボール連盟の公認球を使用、バレーボール用のネットを立てます。服装は、水着かショートパンツに、Tシャツを着用、はだしで競技します。帽子は自由に被ってもよいことになっています。  

コートは18×9メートル、貝殻や小石などの混じっていないきれいな砂で、凹凸のない水平な場所を選んで行います。ラインは、ロープか帯状のラインテープで引きます。競技は、屋外で行うのに適した気温の時を選ぶことになっています。あまりに暑かったり寒かったりすると選手の健康上、危険だからです。

ビーチバレーボールは、2人対2人での試合になりますが、ルールは通常のバレーボールとほとんど同じです。

サーバーのサービスで試合が始まります。相手のコートに打ち返すまでに、同じチーム内で3回を超えてボールに触れることはできません。また、同じ競技者がブロックを除いて、2回ボールに触れることもできません。 

ボールがコートに落ちるか、アウトになるか、正しく返球できなくなるまでラリーは続けられます。 

以上が一般的なルールですが、3人対3人、4人対4人で、ビーチボールやソフトバレーボール用のホールを使い、サービス方式などを工夫すれば、子供から中高齢者まで誰もが楽しめる競技にもなります。

スポンサーサイト

<<ビーチバレーボール 新舞子のイベントアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール 画像~活動の物>>

<<ビーチバレーボール 新舞子のイベントアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール 画像~活動の物>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。