アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > 日本ビーチバレーボールの歴史

アイドリアンのご機嫌日記 > 選手 > 日本ビーチバレーボールの歴史

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

日本ビーチバレーボールの歴史

ビーチバレーボールは、現在アメリカ、ブラジル、オーストラリアが3強国として世界的に知られています。

著名なビーチバレーボール選手は、やはり室内のバレーボールから転向したプレーヤーが多いようです。アメリカのカーチ・キライ、シンジン・スミス、ランディ・ストクロスらの活躍はアメリカ国内のみならず国際的なビーチバレーの人気を高める原動力となっっています。  

ブラジルからもエマヌエル・レゴやリカルド・サントスらのスター選手が登場しました。 また、女子選手ではミスティ・メイやケリー・ウォルシュらが代表的な選手として挙げられます。  

日本では男子バレーで活躍した川合俊一選手らが先駆け的存在となり、1987年、湘南・江の島海岸で第1回ビーチバレージャパンが開催されたのをきっかけに、ビーチバレーボールがスポーツとして広く認知されるようになしました。 1989年には日本バレーボール協会が日本ビーチバレーボール連盟を発足させています。 

オリンピックでは、日本女子がアトランタ大会以降連続出場しており、アトランタオリンピックでは高橋有紀子・藤田幸子組が5位、シドニーオリンピックでは高橋有紀子・佐伯美香組が4位に入賞しています。

また2002年、西村晃選手一と浦田聖子選手は日本初のビーチバレーのプロチーム、ウィンズを設立しました。 2004年にビーチバレーに転向した浅尾美和選手は、モデルなどの芸能活動を通してこれまでビーチバレーに関心の低かった層からも大きな注目を集めています。

スポンサーサイト

<<ビーチバレーボールの大きな大会は?アイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール 新舞子~マリンパーク>>

<<ビーチバレーボールの大きな大会は?アイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール 新舞子~マリンパーク>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。