アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > ビーチバレーボール大会の発展

アイドリアンのご機嫌日記 > 大会 > ビーチバレーボール大会の発展

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール大会の発展

 ビーチバレーボールは1920年代の初めに、アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして行われるようになったのが発祥とされています。 

その後、ヨーロッパに伝わり、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれるようになりました。

初期にはバレーボールと同じく6人制で行なわれていましたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っています。 1950年代のアメリカで美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部として、ビーチバレーボールがメディアの注目を集めたことで認知されるようになりました。  

わが日本では男子バレーボールの川合俊一らが先駆となり、1987年、湘南・江の島海岸で第1回ビーチバレーボールジャパンが開催されました。それをきっかけに、ビーチバレーボールが広く全国で認知されるようになりました。1989年には日本バレーボール協会が日本ビーチバレー連盟を発足させています。  

夏季オリンピックには女子がアトランタ大会以降連続出場をはたしており、アトランタ大会では藤田幸子・高橋有紀子ペアが5位、シドニー大会では佐伯美香・高橋有紀子ペアが4位に入賞しています。  

平成14年、西村晃一選手と浦田聖子選手は日本初のビーチバレーボールのプロチームである、ウィンズを設立しました。

スポンサーサイト

<<ビーチバレーボールのプレイスタイルアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボールの世界大会>>

<<ビーチバレーボールのプレイスタイルアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボールの世界大会>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。