アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > ビーチバレーボール ルール~規格

アイドリアンのご機嫌日記 > ルール > ビーチバレーボール ルール~規格

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボール ルール~規格

ビーチバレーボールルールにおける使用器具や用具の規格を解説します。

ビーチバレーボールのコートサイズ は、16×8mの長方形でサイドライン&コートラインの幅を含みます。コートの周囲(Free Zone)は、コート・エンドラインから5~6mのスペースが必要になります。

コートラインですが、 サイドラインとエンドラインは幅5~8㎝以内です。素材は耐久性に優れたライト判断できる色のついたものを使用します。インドアバレーのアタックライン、センターラインにあたるものはありません。  

サービスゾーンとは、サーブを打てる場所です。コートエンドの後ろから、サイドラインの間。エンドラインからフリーゾーンの間でおこないます。  

ビーチバレーボールは、雨天でも開催します。しかし、プレーヤーに危険が及ぶと判断される場合(雷、雹など)は試合不可となります。  

ビーチバレーボールのネットは、 長さ8.5m、幅1m(±3cm)網目1マス10cmであることが規格として定められています。ネットの水平方向上下に5~8㎝幅のバンドがつきます。

スポンサーサイト

<<男子ビーチバレーボールのユニフォーム規定アイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボールの大きな大会は?>>

<<男子ビーチバレーボールのユニフォーム規定アイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボールの大きな大会は?>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。