アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > ビーチバレーボールで使われる用具の規格

アイドリアンのご機嫌日記 > ルール > ビーチバレーボールで使われる用具の規格

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールで使われる用具の規格

 ビーチバレーボールルールにおいて規定されている使用器具や用具の規格を解説します。

 ビーチバレーボールのネットの高さ は、男子 2.43m / 女子 2.23mで、ネットの中心を基準とします。
両サイドの高さは、誤差2㎝以内とする。

 サイドバンドは、 5~8㎝幅(コートラインと同じ幅にする事)でネットの両サイド、サイドライン上に、ネットに対して垂直に取り付けます。  
アンテナは、長さ 1.8m 直径10㎜ 赤と白のストライプ模様(各色10㎝交互)でサイドライン上、ネットに取り付けます。  

ビーチバレーボールのボール は、国際バレーボール連盟(FIVB)が公認しているビーチバレーボールを使用します。色付き(オレンジ、黄色、ピンク、白等明るい色)であって、円周66㎝~68㎝、重さ 260g ~ 280g、内気圧 0.175 hPa ~ 0.225 hPa です。 
また、ビーチバレーボール1試合で使用されるボールは2~3個、同じ配色を使用します。 FIVBの国際大会では、3個使用し、6名のボール係を配置されます。

スポンサーサイト

<<アトランタ五輪でのビーチバレーボールアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール ユニフォーム~規定>>

<<アトランタ五輪でのビーチバレーボールアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール ユニフォーム~規定>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。