アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > ビーチバレーボールの進行

アイドリアンのご機嫌日記 > ルール > ビーチバレーボールの進行

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールの進行

 ビーチバレーボールのゲーム進行上のルールを説明します。

ビーチバレーボールでは、ラリーポイント制、つまりサーブ権の有無にかかわらずポイントがつく方式を採用しています。

 3セットマッチで先に2セット先取したチームの勝利となります。

相手コートへの返球回数は最大3回です。これはインドアバレーと同じですね。

ブロックタッチも1回とカウントされます。ただし、ネット上で対戦相手と同時に触れた場合はカウントされません。ビーチバレーのボールは、体のどの部分に触れてもかまいません。

エンドラインやサイドライン上の判定については、ボールのほとんどが超えていたとしても、ボールの一部がラインに触れていればインボールとみなされることになります。  

ポイントは 1,2セットは21点制で、3セット目は15点先取となります。タイブレイクの場合、2点差がついた時点で終了です。

 コートチェンジ は両チームの得点合計が1,2セットの場合7の倍数、3セット目の場合5の倍数になったときに行います。  

テクニカルタイムアウトは、 2セットのみ両チームの得点合計が21点になったとき採用されます。1回30秒です。  タイムアウトは 各チーム、プレーが途切れたときにリクエストする事ができます。1回30秒です。各セットのインターバルは1分です。

ルールを知れば観戦も楽しくなるので、オリンピックまでにルールを覚えるといいと思います。

スポンサーサイト

<<ビーチバレーボールの世界大会アイドリアンのご機嫌日記女子ビーチバレーボールの人気の高さを探る>>

<<ビーチバレーボールの世界大会アイドリアンのご機嫌日記女子ビーチバレーボールの人気の高さを探る>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。