アイドリアンのご機嫌日記 > スポンサー広告 > ビーチバレーボールのプレイスタイル

アイドリアンのご機嫌日記 > ルール > ビーチバレーボールのプレイスタイル

アイドリアンのご機嫌日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドリアンのご機嫌日記

ビーチバレーボールのプレイスタイル

 ビーチバレーではバレーボールルールを基本にしたプレイスタイルになります。

ビーチバレーボールのポジションですが、インドアバレーと異なり、コート内での各人のポジションは自由です。フォーメーションもありません。ただ、当然ながら、相手からサービスが打たれるときにはコート内にいなければなりません。  

サービス トスは1回のみです。サーバーのチームメイトはレシーブをする選手の視界を妨げないようにします。このとき、相手チームからの要求があれば、サーバーやボールがはっきり見えるように移動を命じられる場合もあります。サービスの順番を間違えた場合、反則となり相手チームに得点が入ってしまいます。このため各チームとも審判に順番を確認する事ができます。サーブ権が相手チームに移るまで同じプレイヤーがサービスを打ち続けます。  

ビーチバレーボールでは、レシーブ&パスの際、多少のホールディングは反則になりません。たとえば手の平を上にしたすくうようなレシーブでも比較的問題にされない場合が多いです。しかし、明らかにボールが停止するようなプレーは反則です。 

一方、サーブレシーブに関しては、オーバーハンドパスは反則ではないのですが比較的厳密にジャッジされる傾向があるようです。特に指先がばらつくとダブルコンタクトを取られます。強打のスパイクをオーバーハンドパスで受けることは反則ではありません。そして、相手コートへオーバーハンドパスでボールを返す場合、両肩に対して直角方向でなければなりません。ただし、風で流れされた場合、その限りではありません。

スポンサーサイト

<<ビーチバレーボール その他のルールアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール大会の発展>>

<<ビーチバレーボール その他のルールアイドリアンのご機嫌日記ビーチバレーボール大会の発展>>

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。